水周り掃除で気をつけたいこと

生活にいて、水周りの掃除で気をつけることがあります。天井の掃除をして、カビを減らすようにします。

水周り掃除で気をつけたいこと

水周りにおける掃除で生活で気をつけたいこと

PAGETITLE
外の掃除をする時、地面をはくのが主になるでしょう。
自宅内に木々があるのであれば、葉っぱが落ちることがあります。
はいて置かなければ、葉っぱがたまることがあります。
また、細かい砂や土などがたまることもありますから、それらを掃除します。
行うのは、地面が中心です。
自宅内においても、掃除をするのは、床面が中心です。
掃除機においても、床を掃除しやすいようにできています。
実際に、ゴミやホコリ等は、どんどん下に落ちていくことになりますから、下のゴミを取っていればきれいになるのです。

でもそういった常識が通用しないところもあります。
それを知らないと、環境の悪い所で生活を強いられることもあります。
自分でそのつもりがなくてもです。

生活においてよくある部分としては、水周りがあります。
台所、トイレ、バスなどになります。
こちらの掃除に関しても、主に床の掃除になります。
台所に関しては、レンジ周りに油が飛び散ることがあるので、そちらを掃除することもありますが、あとはあまり壁を掃除することはありません。まして、天井などは届きませんからほとんど気にもしていません。これが問題になります。
なんと、天井の掃除をしていないために、カビがどんどん繁殖することがあるそうです。
これは、特にバスにおいて言えることのようです。
床や壁の壁のカビをしっかり取ったとしても、天井にカビが残っていると、それが半永久的に降り注ぐ環境になっています。
いくら掃除をしても、取りきれないのです。

それを防ぐには、天井の掃除も行うことです。
天井の形にもよりますが、最近あるものとしては、長さを変えることができるモップ状のクリーナーです。
汚れをとる洗剤と、カビを取る洗剤をつけて、それで天井を掃除するようにします。
天井からのカビの降り注ぎがなくなれば、ある程度カビの増殖も減らせるようになるでしょう。
お風呂場もきれいに保つことができます。
浴室自体もカビが出にくくなって、掃除する範囲も狭くすることができます。

Copyright (C)2014水周り掃除で気をつけたいこと.All rights reserved.